うつ病の治療に使われる薬とは?その種類と効果

憂鬱な気持ちを改善する抗うつ薬

うつ病の治療法として、薬を元に状態を改善していきます。うつ病になるとやる気が阻害されますが、薬を飲むことでやる気を引き出し穏やかな気持ちで生活を送れるようになるのです。特に抗うつ薬を使うことで、気分の落ち込みを改善し、前向きに生活を送るきっかけを掴むことができます。抗うつ薬は服用後2週間程度で効果が出始めてくるため、長い目で見て服用していくことが重要になります。抗うつ剤を飲むときには、焦ることなくじっくり飲み続けましょう。

不安を改善する抗不安薬

うつ病の中でも、不安を強く感じやすい方も存在しています。うつ病の他に不安障害も合併している時には、抗不安薬を飲むことで、辛い不安感を取り除いていくことになるのです。不安を感じていると、精神的に余裕がなくなり、ネガティブになりがちですね。抗不安薬を飲むことで、不安感やイライラ感を抑えることができ、生活に適応しやすいように状態を変えていくことができます。病院によって頓服という形で処方する場合もあります。

睡眠を助ける睡眠導入剤

脳内の状態が不安定になると、夜ゆっくりと眠ることができなくなります。質の良い睡眠をとることは、心身の健康に関わってきますね。うつ病の治療を受けたときにも、睡眠を助けるために睡眠導入剤を処方される場合があります。眠りたくても眠ることができなかったり、夜に覚醒してしまい困っていることを話すことで、眠りやすくなる薬を処方してもらえるのです。昼間に眠気が襲ってきたり、集中力が途切れやすい方は相談してみましょう。

うつ病チェックの規則では、抑うつ状態が一週間以上継続的に持続する場合は、うつ状態にあると診断され要治療と判断されます。