もしかしてうつ病かもと思ったら勇気を出して病院へ

つらいと思ったら診療内科で相談して

うつ病は世間一般ではまだ怠け者のなる病気ととらわれるような風潮が残っています。いざうつ病を疑って受診しようとしても病院へ向かうこと自体が恥だと思い、なかなか最初の一歩が踏み出せない人が多いのが現状です。またそのような「うつ病は怠け」だという一般論に縛られているような真面目な人ほどうつ病になりやすい傾向にあるそうです。病気は恥なんかではありませんし、うつ病じゃないかもしれないしなんて心配も必要ありませんので、何だかおかしいなと思ったら診察じゃなくて相談だけでも診療内科にしてみてください。

うつ病と診断されたらすべきこと

辛い症状がうつ病によるものだと診断がくだると、やっぱりそうなのかと気持ち的に少し安心する方が多いそうです。一体何が原因でどうすれば治るのか分からず、やみくもに模索していた状況から解放されるので当然といえば当然のことかもしれませんが。しかしうつ病とわかっていざ頑張って完治させようと無理をすると余計に状態が悪くなることもあります。症状によっては病院から安定剤などのお薬を処方されることもありますが、うつ病と診断されたらまずゆっくり心と体を休ませてあげてください。

カウンセリングを受ける

ほとんどの診療内科ではうつ病と診断したら基本投薬による治療をメインに行うことが多いですが、心の病気は薬だけでは解決できない場合もあります。人とのコミュニケーションの恐怖や、うつ病になった原因の克服も治療として必要で、その為にカウンセリングなどを取り入れている施設もたくさんあります。なにより自分の心と向き合って人と会話するということはとても難しいことであり、それが私生活で出来なくてうつ病になったといえるので、カウンセリングを受けることはうつ病を克服する為の有意義な治療と言えるでしょう。

落ち込む日が続いていたなら、うつ病の可能性があります。うつ病の治療は早めの対応が決め手ですから、医療機関の情報を調べましょう。