プチ整形はもはや当たり前!?プチ整形についてのまとめ

プチ整形とはなんなのか

プチ整形とは、メスを入れずに行う美容整形のことを指します。メスを入れないため、傷跡や痛みなどがほとんど気になりません。また、メスを入れないので入院や腫れなどの心配が要らず、手術後に化粧などができる場合もあります。通常のメスなどを使用する美容整形よりも料金が安いのも人気の理由です。最近では、メイクやスキンケアの延長として行う人も少なくないでしょう。昔のようなネガティブなイメージもなくなりつつあります。

人気の二重まぶた。気になる料金と内容は?

プチ整形の中でもっとも人気があるのは二重にする手術です。プチ整形では、埋没方という技法を使用される場合が多く、まぶたの裏から二重の線に沿ってとめつけていく方法です。もちろんメスは使いません。手術後は多少の腫れがでますが、数日で腫れは治るため週末などに行う人が多いです。料金は10万以下とお手軽です。目を二重にするだけで顔の印象はとても変わるので、料金の安さや手軽さを含め、もっとも人気があるプチ整形なのでしょう。

プチ整形によるデメリット

人気があるからこそですが、美容整形を行っている病院はたくさんあります。もちろん技術のある先生もいれば、経験の少ない先生もいるのです。いくらメスを入れないからと言っても、きちんとした手術を行わなければ、理想の顔にはなれません。病院選びは慎重に行うことをお勧めします。また手術の内容にもよりますが、時が経つと手術前の顔に戻ってしまう場合があります。そうすると理想の顔を保つために何度も手術を受けなければいけません。安いはずのプチ整形が、結果的に高価なものになってしまうのです。

結婚のために処女膜の再生を希望する方もいるでしょう。そんな時には、專門のクリニックに相談してみると、スムーズに治療してもらうことができます。