太陽光発電設備と絡めて導入したい住宅設備

太陽熱を利用した給湯設備

太陽光発電設備は、太陽から放出される光エネルギーを電気に変換するモジュールが組み込まれており、夏場の電力需要がピークの時に効果を発揮する設備です。また、太陽からの熱エネルギーを用いてお湯を沸かす設備も併せて導入することで、ガス使用量も削減できますので、より効率的なエネルギー利用が可能となりますよ。最近は効率が良い製品が開発されており、冬場でもまとまった量の給湯ができるタイプも販売されていますので給湯に関する光熱費を削減するなら検討してみてはいかがでしょうか。

停電時に使える非常用電源装置

大地震や台風、洪水などの自然災害では停電するリスクが高まり、家庭用の電源が入らなくて生活がストップしてしまうことがあります。そんなリスクを回避するためには、太陽光発電設備と併せて非常用電源装置を導入してみると、停電時に自動的に給電し、冷蔵庫などの重要な設備を稼働させることが可能になりますよ。最近は家庭用の蓄電池なども販売されていますので、太陽光発電設備で発電した電力を利用して、電気を貯めておくと、災害時のリスクを減らすことができますね。

ヒートポンプ式の給湯器

給湯器の主な熱源はガスの燃焼によるものとなっていますが、空気中の熱を汲み出し、電気で効率的にお湯を沸かすことが可能な給湯設備を導入すれば、オール電化の住宅として運用することが可能ですよ。冬場の冷たい空気からでも熱を効率的に取り出すヒートポンプの技術があれば、電気だけで運転することができますので、太陽光発電設備との相性も抜群だと言えるでしょう。ヒートポンプ式の給湯器の導入と、オール電化の契約をすると、格段に光熱費が安くなるメリットがありますよ。

太陽光発電とは、太陽電池を用いて太陽エネルギーを電力に換える発電方式です。発電に際して温室効果ガスを排出しないため、クリーンな発電方式になっています。